夏の尾瀬

湿

尾瀬沼東岸のビジターセンターを出て、沼尻に向かいます。
土産物店の前の木立を抜け、沼山峠への分岐を左に曲がると湿原が現れます。
浅湖湿原(あざみしつげん)は、ニッコウキスゲの名所です。

◇尾瀬沼を眺めます。ニッコウキスゲ満開
 





ニッコウキスゲ(日光黄萓)
別名:ゼンテイカ(禅庭花)
学名:Hemerocallis middendorffii var. esculenta
日本の本州などの高原に普通に見られ、花期は6月上旬から8月上旬。
草原・湿原を代表する花で、群生すると山吹色の絨毯のようで美しい。
高さは50cm〜80cm。花茎の先端に数個つぼみをつける。
花はラッパ状で、大きさは10cmぐらい。花びらは6枚。朝方に開花すると夕方
にはしぼんでしまう一日花。
尾瀬の他、日光霧降高原、車山などの群落が有名である。
花が黄色で葉がカサスゲ(笠萓)に似ているため、地名を付けニッコウキスゲ
と呼ばれだし、全国に広まった。
ただし、栃木県日光地方の固有種というわけではなく、ゼンテイカは日本各地に
普通に分布している。



◇燧ヶ岳方面もニッコウキスゲでいっぱいです。


◇湿原を流れる小川

透明度の高い流れの中には

◇魚の群れ

透視度無限大∞といったところでしょうか。。
イワナ、ウグイと思われる魚たちが、まるで空中に浮いているようにゆったりと
泳ぎます。
尾瀬には、炭素繊維は必要ありません!当たり前ですね!!

このビジターセンター周辺の浅湖湿原や大江湿原のニッコウキスゲ群落は、
尾瀬の中でも一番良いかもしれません。

さあ、ニッコウキスゲを楽しんだ後は、沼尻に向かいます。
◇陽気なハイカー達


尾瀬沼湖岸の木道を進みます。
今日はここまでとします。
下界のうだるような暑さとはかけ離れた世界が、尾瀬にはあります。
それでは次回をお楽しみに!!


JWG理事長をフォローしよう!
  Twitter @kogureyukio 


うぉータン | 尾瀬 | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

夏の尾瀬

東岸

三平下休憩所で一休みした後は、右折して尾瀬沼東岸をあるきます。
木立を抜けるとすぐに尾瀬沼が現れ、尾瀬沼越しに燧ヶ岳が望めます。

◇尾瀬沼越しの燧ヶ岳


湖岸にはニッコウキスゲの花が群生しています。
◇ニッコウキスゲ


尾瀬の代名詞でもある水芭蕉は、大きく育ちこんな感じに
◇水芭蕉の大きな葉


湖岸は湿地帯となっていて、多くの花が咲き乱れ、尾瀬沼は良い雰囲気。
◇尾瀬沼


◇尾瀬沼アザミ


30分ほどで、尾瀬沼ビジターセンターに到着です。
ここは長蔵小屋や、休憩所、土産物屋などがあり賑わっています。
◇ビジターセンター


尾瀬は、国立公園に指定されていて、環境省や尾瀬保護財団などにより自然が
守られています。
尾瀬国立公園 http://www.env.go.jp/park/oze/index.html
尾瀬保護財団 http://www.oze-fnd.or.jp/

ザックを下ろし休憩です。
◇愛用のザック


さあ、いつまでも休んでいられない、沼尻に向けて出発ですが、今日はここまで。
次は、浅湖湿原(あさみしつげん)の花々をお届けします。
お楽しみに!!

JWG理事長をフォローしよう!
  Twitter @kogureyukio 







 
うぉータン | 尾瀬 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

夏の尾瀬

尾瀬ハイク

夏が来れば思い出す尾瀬
尾瀬は、雪解けの頃、水芭蕉の頃、紅葉の頃、いつ行っても素敵ですが
夏の尾瀬は、ニッコウキスゲやアヤメ、ワタスゲなど花々が咲き誇り、
最も尾瀬らしさを感じます。
そんな夏の尾瀬を、梅雨明け直後の連休に、楽しんできました。 
夏の尾瀬をお届けします。

尾瀬への群馬県側からのルートは、鳩待峠からが最もポピュラーですが、
今回は大清水から入山し、尾瀬沼→尾瀬ヶ原→至仏山→鳩待峠と縦断
するコースを歩きます。

大清水売店前駐車場に車を駐車して、いざ出発
◇大清水発7:20


砂利敷の林道を歩くこと50分ほどで一ノ瀬休憩所に到着です。
◇一ノ瀬休憩所

熊よけ(土産)の鈴を買ったらオジさんが採れたてブルーベリーをご馳走して
くれました。

この道は沼田城から尾瀬沼を経て鶴ヶ城へ至る約180kmの道のりの一部です。
沼田市と会津若松市を結ぶ道を、群馬側では会津街道、福島側では沼田街道と
呼び、
この休憩所の先に架かる橋までがかつて開発されましたが、自然保護の
観点から中止となり、現在にいたっています。

休憩所で、一休みした後は、いよいよ山道に入ります。
◇渓流

梅雨明け直後の渓流は水量も豊富です。

30分ほど登ると、視界が開けてきます。峠はまだでしょうか。。。
◇群馬県側の眺め


さらに登ると木道となり、木立の中を進みます。



一ノ瀬休憩所より1時間ほどで三平峠へ到着です。
◇三平峠


さあ、ここからは下り、木道で滑らぬように下ります。
途中で、ちらほら尾瀬沼が見え隠れします。

9:30三平下へ到着です。
◇三平下より尾瀬沼


早朝の出発だったので、ここで一休みして遅い朝食をとります。
◇三平下休憩所


一休みした後は、いよいよ尾瀬沼湖岸を、オーソドックスに右回りで歩きます。
今日はここまで、次は尾瀬沼東岸までを紹介します。
お楽しみに!!

JWG理事長をフォローしよう!
  Twitter @kogureyukio 



うぉータン | 尾瀬 | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2/2PAGES | << |
                                
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
     
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH