<< においと私 | top | 9月の連休は騒々しい >>

9月の休日はいい天気!

日々黙々徒然

 

 

9月もそろそろ中頃にさしかかり、やっと天気も安定し爽やかな陽光が降り注いでいる。

直射の日差しはまだ暑さを感じるが、吹く風は涼しさを運び、穏やかな時間が過ぎ去る。
この初秋の休日、雑事の後の昼下がりは木陰でのんびりワインを飲みながら過ごしたい。

 


とはいっても、どうも最近はゆっくり寝てもしていられないのが現実だ。時に朝方には

けたたましく鳴るJアラートでたたき起こされ、寝付き頃には地震警報で驚かされる。

ボーッとしていると、頭上には北から発せられたICBMが飛び交い、いつ日本に落下

してくるとも限らない。地震や洪水等の自然災害も、いつ我身に降りかかるか解らない。

災いは忘れた頃にやって来るのだ。そんなことで、久しぶりにできた空き時間を休むこ

となく、ブログを書き、現実を直視して、そろそろ社会復帰の準備をすることにしよう。

 


思えば、今年は何か慌ただしく、生活に余裕を持てず、日常と非日常が入り交じり調子

が狂ってしまった。梅の花が咲く春先に近しい人が亡くなったことも原因かも知れない。

2月に実父が、3月には義父と相次いで亡くなった。全ての生命には限りが有り、いつ

かは死が訪れることは解ってはいたが、いざとなると喪失感があることは否めない。

 

 

通夜〜葬儀から49日法要、納骨、そして8月には新盆と、一通りの子としての弔いを

行った。初めての弔事主催であり知識不足から十分だったとも思わないが、勘弁しても

らうしかない。初めて喪主を経験させてもらい、やっと人並みになれたのかも知れない。

これが、長男として生まれた責任であり、親から子への最後の教えととらえよう。長ら

く不仲であった父子関係が、昨年末からの老人施設入所、入院と僅かな期間であったが、

やっと歩寄り、いくつかの会話といくらかの世話ができたことがせめてもの救いだった。

思いや願いはあれど、胸にしまい耐えた人の生き方が、わが身のDNAとなり生き続け、

そして子らへと継続されるのだろう。

 


プライベートな事象にかまけている間にも、世の中は動き続けて待っていてはくれない。
世の中で起こっているのは、北朝鮮の若将軍様による暴挙や、米国トランプ政権の迷走

だけではなく、況してや日本の与党政権支持率低下や民進党崩壊、女性議員の不倫騒動

だけではない。まあ、政治や経済での問題解決は、喫緊の問題ではあるが何が正しいの

か優劣が付けづらく、先を見通せない不毛であり、その道の専門家に任せるしかない。

森友加計問題なんてどうでも良いし、国会議員の不倫騒動なんて週刊誌ネタでしかない。

 

 

自分でできることと言えば、確実に人類に危機をもたらせている地球規模での気候変動

による水の偏在や、地球温暖化、水質汚染等の環境問題解決への関わり合いなのだろう。

 

 

今年の夏は、7月の梅雨明け頃に猛暑となったが、8月は雨が多くて猛烈な暑さは無く

過ごしやすかった。反面、夏らしさは感じられずにどこか寂しくもあった。せっかく、

準備した庭先の子供用Poolの活躍が、たった一日の楽しみでしかなかったのだから、、、
過ごしやすい日本の夏は、暑さが苦手となった身には歓迎であったが、周りを見渡せば

そうも言ってられないい。日本国内では大雨による洪水や土砂災害が多く発生している。

 

 

地球規模で観ても、水の偏在により洪水と干ばつの被害が起こり、最近でも米国にハリ

ケーン“ハービー”や“イルマ”が襲いかかっている。中国の沿岸部にもいくつもの台風が

上陸し、大きな被害が出たようだ。おかげで、広東省深センでは、予定していた河川の

水質浄化項目の実施が怪しくなっており、世界の異常気象は仕事実務にも影響がある。
水質汚染問題は、日本ではほぼ解決されたが、世界ではそうではない。経済発展を望む

発展途上国では、水質汚染は進んではいるが、解決への余裕はなく関心は薄い状態だ。

 

 

一定の経済成長を遂げている新興国では、環境破壊は無視ができない状況だ。そのため、

BRICSといわれる国々から、様々な情報と相談が寄せられる。最近、興味深いのは、

インドの聖なる川「ガンジス川」水質浄化プロジェクトが計画され、インドにそのため

のJWGインド支部が創設されることになった。

 

 

ロシアではバイカル湖やカスピ海の水質改善のプロジェクトが開始されロシアの母なる

川「ボルガ川」の水質浄化が求められている。

 

 

 

きっと、世界中にそのようなプロジェクトがあり、実行が待たれているのであろう。

全てのプロジェクトが実行され、それらに関わることができれば素晴らしいことだが、

まあ、そう上手くは行かないし、仮にそうなっても身が持たないことも事実だ。

できる範囲での活動を謙虚にじっくり行う事だろう。

 


秋の良き日、そろそろ動き出すべく何から始めるかじっくり思案だ。

昼下がりは居眠りしたいが、ゆっくりするのはまだまだ先にして、

 

これが神様ご先祖様から授かった仕事と思い頑張ります!!

 

 

うぉータン | 水辺散歩 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:
                                
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
     
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH