<< 赤壁古戦場 | top | においと私 >>

赤壁古戦場

赤壁古戦場  散歩

 

 

赤壁古戦場気ら読む

 

鐘鼓楼を後に石段を登り、順路に則り見学路を暫く行くと諸葛亮が論戦をし

たという舌戦堂があり、さらに進み階段を下ると、大銀杏のある広場に出る。

 

 

広場には、後に蜀の軍師中郎将となる龐統が孫権・劉備軍から距離を置くため

金鸞山中腹に居を構えていたという鳳雛庵がある。龐統は赤壁の戦いの頃は孫

権軍の顧問的な役割にあり、孫権軍に属しておらず陣中ではなく鳳雛庵に待機

したという。長江沿岸の赤壁は、周囲には赤壁山、南屏山、金鸞山の3つの山

が連なり、対岸から押し寄せる曹操軍に対峙し陣を張るのに適していたのだ。

 

 

 

広場から階段を下ると史実を模した様々な構造物や彫像などが設置されている。

赤壁の戦いにおける孫権・劉備軍の勝因は、いくつかあるが最大の勝因は「火

攻め」を行ったことだ。火攻めを成功させたのは赤壁から対岸の烏林へと追い

風となる非日常の東南風が吹いたことで、諸葛亮が赤壁にある南屏山の拝風台

で東南の風が吹くよう祈ったという。諸葛亮は天文学と地理に通じていて冬至

の前に東南の風が吹く日があることは知っていたといわれる。

 

 

 

赤壁モニュメントの前でポーズをとるのは呉(孫権)軍の武将周瑜。三国志

では諸葛亮をはじめとした蜀(劉備)軍の武将たちが有名だが、実際の孫権

・劉備軍の主力は周瑜を総司令官とする呉軍である。

張飛

 

 

長坂橋で奮戦する張飛。劉備軍は長坂橋で曹操軍に敗北を喫すがこの戦いでは、

趙雲が単騎で曹操軍に討ち入り劉備の長男である阿斗(後の劉禅)を救い出した

後に長坂橋で張飛が追撃してくる曹操軍を撃退した。

 

 


諸葛亮が東南の風が吹くのを祈ったその南屏山に拝風台という建物が建てられ、

劉備、関羽、張飛、諸葛孔明の劉備軍の英雄4人の彫像が祀られている。

ここにも主力の孫権軍が、祀られていないのは、中国で最も読まれている小説

『三国志演義』が、蜀を中心に書かれてるからだ。そんな三国志演義から書か

れた三国志を読んだ日本人も蜀びいきが多い。というよりは正確な歴史として

の三国志は読む機会がなく蜀の武将しか知らない。

 

 

拝風台から南屏山を下ると、アオコでキレイ?な緑色の池がある。池の辺で話し

合うのは諸葛亮、正面には諸葛孔明が発達させた機械式弓を放ったという射箭台

がある。船上には兵士を模したわら人形が並び、ここから弓を放ったのだろう。

 

 

 

さらに進めば、長江を望む高台へと出る。正面には長江を横目でにらむ周瑜の

巨大な像がありこの場所が「赤壁」といわれる場所だ。展望台を下れば長江の

岸壁に赤く書かれた赤壁の文字、正しくここが赤壁、対岸が曹操軍が陣を張っ

た烏林だ。赤壁の直ぐ下まで水位の跡があることから、長江が増水するとこの

文字が隠れてしまうほど水位が上がるのだろう。増水時に訪れると、せっかく

の赤壁の文字が観られないこともあるらしい。

 

 

 

長江には、大型船が行き交い複層式自動車運搬船等や貨物船、沿岸には浚渫船

があることから川砂を浚渫しているようだ。

赤壁の高台から、階段を下れば呉の水軍が陣を張ったという広場がある。対岸

の曹操軍を見張り台や、兵士の住居を模したのかテントが何張りかあるがどれ

も大したものではない。見張り台にもハシゴで上れるが危なそうだし、面白そ

うなアスレチック擬きもあるが、どれも安全への配慮は全くされていない。

ここで事故に遭ってもしかたないので「君子危うきに近寄らず」である。

 

 

 

騎馬兵の戦いや曲乗りを見せるための乗馬場が現れる。乗馬体験ができ熱心に

勧められるので、遊び心から挑戦することに!?日本の乗馬体験は手綱を係員

が持ちパカパカ歩く程度のものだが、中国の乗馬体験は違う。馬にまたがり係

員に引かれて乗馬コースに入れば、係員は馬を反転させるとその勢いにて一気

に疾走させる。結構の速さで乗馬場を一周するので、振り落とされぬよう真剣

になる。馬は利口なもので一周すれば元の場所に戻る。落馬したらどうしよう

という思いもあるにはあるが、ついつい面白く2回も乗ってしまい、君子危う

きに近づいてしまった。まあ、怖がっていては楽しめない、これも中国流儀だ。

 

 

 

乗馬を楽しみ、曲乗りショーを観た後は出口へと向かう。テーマパークの出口

付近には、赤壁の時代の呉軍の砦が再現されていて、入口となる橋を渡り城壁

沿いを進み城門を潜ると、赤壁塔と呼ばれる7階建ての物見塔が現れる。高い

ところには登りたくなる習性があるので元気を出して登ることに、最上階から

は長江を望み、先ほど乗馬した乗馬場等園内を一望にできる。

 

 

 

出口付近には金城の陣といわれる建物群がある。金城の陣は十重二十重に防御

線を作って城の中にまた防衛措置を作る小城郭、落とし穴、狼の牙のようにと

がった扉など、難攻不落の陣といわれた。内部の兵站倉庫に位置するエリアは、

観光客の買い物目当て土産物屋となっているが、ここも閑散としている。

 

 

 

いよいよ出口となり駐車場へ戻る。実際の赤壁の戦いがどのように行われたの

かは、定かではないが、三国志好きとしては、この古戦場を観ることにより、

当時を想像するには十分だった。

 

 

赤壁の戦いが実際にはどのように行われたのか、何処で行われたのかは諸説あり

はっきりしていないようだが、三国時代に孫権、劉備、関羽、張飛、諸葛亮等の

武将達が曹操と争ったのは間違いないようだ。赤壁の戦いで敗れた曹操は北部へ

逃げ帰り、その後に華北を支配する王朝を創設した。

帰ったら吉川英治「三国志」全10巻を読み直そう!?

そんな気にさせてくれた赤壁古戦場観光でした。 また

うぉータン | 中国 | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:
                                
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
     
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH