<< 湖北省武漢へ | top | 赤壁古戦場 >>

湖北省武漢へ

湖北排水処理

 

湖北省武漢へ兇ら読む

 

武漢2日目は下水処理場の視察だ。2箇所の都市下水処理場と薬品工場廃水処理

設備を視察して問題解決提案を求められている。ホテルに迎えがあり車にて出発、

行き先は知らされていないが身を任せるしかない。約1時間30分の行程で着いた

のは、武漢中心部から80kmほど北方にある孝感市孝昌県の都市下水処理場だ。

 

 

中国の行政区分を説明すると先ず省級、地級、県級等の都市が定められ、その市

の傘下にいくつもの区や市や県がある。日本の県の中に市がある行政区分と異な

るため、ややこしくて解りづらい。因みに武漢市は副省級市で、武昌区はその市

街区だ。孝感市は湖北省の地級市で孝昌県はその市中にある。

 

 

孝昌県下水処理場はオキシデーションディッチ法(OD法)の合流式下水処理場、

処理量:30,000㎥/日。OD法は酸化溝法とも言われ長く、浅い酸化槽(水路)

にて長い滞留時間、曝気を行い維持管理が容易という利点があるが、面積が必要

なため国土の広い中国で多く見らる古典的処理方法だ。現在は中国中信集団公司

グループ企業の一つ中信環境水務有限公司が運営を行っている。中国中信集団は

国営中央企業で中国最大級の産業・金融の総合コングロマリット(企業集団)だ。

中国共産党との関係も深く伊藤忠商事が巨額の出資を行ったことでも知られる。

 

 

そんな中国の大企業が地方の下水処理場運営まで手を出している事に驚かされるが

それだけ環境事業分野が巨大であり利益の源泉となるのであろう。そんな中信傘下

の下水処理場にて技術採用されれば、市場は大きく利益も見込めることから大学も

企業も熱心なのだ。

 

 

下水処理場は古典的なOD処理方式であり、問題は汚泥処理と脱窒だ。以前に、

武漢市内で視察した下水処理場もOD法だったので、どうもこの辺りで流行って

いるらしい。中国というのは可笑しなもので、一つ良いと思ったら他も全て同じ

に作ってしまうようだ。隣地には、工業廃水処理場が建設予定で概要が標示され

こちらの処理方式は高度処理を取り入れ、OD+MBRだ。

 

 

下水処理場視察は終わり次は湖北省一?の漢方薬工場に行くことに。漢方薬工場

の廃水処理は高濃度廃水でありUASB法嫌気処理を組み合わせた高度処理を行っ

ている。高濃度廃水のため処理工程も複雑で改善は何ともいえないが、良かった

ことは、この漢方薬工場にて製造している「マカ」をお土産に貰ったこと。マカ

と言えば強壮剤として効果的でかなり高価らしい。まあ特に必要とも感じないが

飲めば何となく強くなった気がしてくる。お試しご希望のご婦人はぜひ挑戦あれ!?

 

 

 

 

これで午前中の視察は終わり下水処理場長と漢方薬工場の社長と一緒に昼食だ。

孝昌県市街地の料亭にて、中華料理をたらふく食べ満足。

 

 

腹一杯の中華料理を食べた後は、さらに40kmほど北方にあるの広水市へ向かう。

広水市は、地級市の随州市に位置する県級市で市の中に市がある。

広水市下水処理場へ到着して、休む間もなく早速視察を行う。

 

 

ここもOD法の合流式処理場で処理量50,000㎥/日で中信集団の運営のようだ。

そして二つの下水処理場とも湖北大学の看板が掛かっていることから、関係が深

く処理場長と教授は懇意らしい。この下水処理場も増設中で、既設のOD槽の隣

に、全く同じ形式のOD槽があり試運転中であった。ここも汚泥処理が問題とさ

れ、汚泥の含水率を下げるため苦労している。既設のベルトプレス脱水機では機

能しないためフィルタープレス脱水機2台を増設する計画だ。

 

 

そんな処理方式はさておき、新規処理設備の品質の悪さが気になる。建築屋とし

ては打ちっ放しコンクリート面の目違い、セパ穴の補修がいい加減、スラブ床は

均しただけで仕上げていない等々が許せない。これで許してしまうのが中国の技

術レベルなのだから、この処理場で高度な水処理ができるとも思えない。

 

 

中国で本当に必要なのは、高度処理ではなく、普通の設備を、普通に作り運営す

る普通の技術なのだ。もっとも、日本人の普通が中国ではとても高度なのだろう。

 

 

そんなことを考えつつ下水処理場の視察は終わり、武漢に戻るのかと思ったら、

広水下水処理場の人と晩餐をともにすることになった。

 

 

広水市内の料亭に場所を移し、中華料理のおもてなし、ありがたいようでありが

たくない。そして、再びたらふく食べ、麦酒と少々の白酒を頂き、2時間かけて

武漢市のホテルに戻る。

 


ホテルは大学側が用意をしたもので、手配の時の要望はバスタブと朝食付きとお

願いした。とかく中国のホテルにはバスタブがなくシャワーだけのところが多い。

5星クラスならバスタブ付きが多いが、4星だと無い場合も多い。夏ならばシャ

ワーだけでもかまわないが、寒い季節は湯槽で温まりたいのが日本人。そんなこ

とで、ホテルの部屋にはバスタブがある。あるにはあるが、場所はベット横の窓

側だ。こんな配置のバスタブ付きの部屋にも以前、杭州で泊まったことがあるが、

全く使いづらい。宿泊目的が他にあればこの配置も悪くないが、ビジネスでの一

人部屋には不便なだけだ。まあ、これも中国楽しみたい。

 

 

武漢の公式行事はこれで終了で、視察という名の観光に案内してもらったので

次にそのご報告を。武漢と言えば三国志、三国志といえば「赤壁の戦い」だ!?

 

赤壁古戦場気

 

 

うぉータン | 中国 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:
                                
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
     
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH