<< 湖北省武漢へ | top | 湖北省武漢へ >>

湖北省武漢へ

湖北大学仕事

 

湖北省武漢へ気ら読む

 

LCCでもほぼ定刻に武漢天河空港に到着。武漢は何度となく来ているが日本から

の直行便で国際線Terminal到着は初めてだ。武漢市は長江の水運により栄えた華

中地域の中心都市で、近年では自動車製造業の工業団地ができ発展し続けている。

しかし、まだ国際航路は少なく、国際線Terminalはこぢんまりとして空いており

入国手続きも時間がかからない。ただ中国の地方空港の入国管理官はどこも無愛

想で歓迎という態度ではない。これも中国、時の経過と共に変わっていくだろう。

 

 

殺風景とした到着ロビーにでると、約束通り名前札を持ったホスト役の湖北大学

教授が出迎え車にて武漢市内に移動する。今回は大学からの招聘で全てお任せだ。
車中にて、日本留学経験のある教授より本日及び滞在中の日程の説明があり今日

はこれから湖北大学に行き歓迎会談と講演会、夜は歓迎宴会があるようだ。

できれば、ホテルに行って休みたいが、招聘された身としては任せるしかない。

 

 

湖北大学は武漢市武昌区に在り、1930年に創設された省属(公立)の4年制総合

大学。国際間での他大学とのつながりに重点を置き、日本を始め米、英、豪など

の100を超える大学および研究機関と情報交換・共同研究など行っている。

 

 

大学ランクとしては、常に中国10位以内の武漢大学に比べて下回るが、反面海外

から学ぼうとする態度は積極的のようだ。最も、今回も自分に話のある位だから、

きっと日本中いや世界中の環境企業や大学に声をかけているのだろう。

 

 

武昌区は長江の南(東岸・右岸)に位置し、武漢大学を始め他の多くの大学が在り

東湖や沙湖等の湖沼、黄鶴楼などの歴史遺産、湖北省政府等の国家機関も存在する

武漢市の政治と文化の中心地域である。空港から武昌区へは高速道路で40〜50分

程の距離で長江は武漢第二橋を渡るのが常道。第二橋は武漢大学を訪れた際にも何

度となく渡っているが、橋から眺める長江は相変わらずの大河で悠然と流れている。

行き交う船舶も多く中国の経済はまだまだ盛況であることが解る。ただ、水は相変

わらず濁り、汚いことにも変わりない。

 


湖北大学に到着すると、資源環境学院(学部)に案内され学院長との会談にて歓迎

の意や大学の紹介や湖北省の環境汚染現状の説明が行われ、環境改善技術の協力要

請を受ける。まあ、感謝の意や要請はお決まりとして、肝心なのは具体的な実行と

資金投資であり、それがなければ掛け声だけで終わる。それでも、熱心に語る姿を

見ると環境汚染の深刻さと、環境改善の事業化を図りたいことは伝わる。大学名の

入った記念品や中国土産まで貰ったが、こちらからは成田で買った東京バナナ1箱

では少なかったかなともちょっと反省。

 

 

会談が終わると、講演をするために会場へ案内される。事前に講演依頼はあったも

のの、学生相手に何を話せば良いのかと悩みもしたが、日本語で話すのだからいつ

も通りの話をするしかない。会場はちょっと大きめの講義室で既に200人位の学生

と先生方が待っていて、日本語学科の学生や日本よりの留学生も居るようで日本語

での挨拶も受ける。

 


講演では技術紹介と中国での活動状況、愛水運動などの参加募集を行った。公演後

の質疑応答では、日本語の話せる学生が通訳となり、熱心な質問と討議が行われ中

国学生の一生懸命さが伝わる。この気持ちを何時までも持ち続けて欲しいもの。

講演と質疑応答で2時間程、18時頃に講演会が終了。そろそろホテルにて休みたい

が、休む間もなく晩餐会場へ行くらしい。朝3時起床の強行軍でクラクラするが、

せっかくの歓迎会を断るわけにもいかない。日本からの訪問だからと、東湖沿岸の

高級料亭を予約しているらしく、行程も時間がかかり到着したときにはダウン寸前。

 

 

しかし、湖面上に設けられた席にて食すちょっと辛い湖南料理は美味く、食の進む

ほど、アルコールの回るほど調子を取り戻し久しぶりの中華料理を楽しんだ。

日本語の話せる学生1人と、日本からの留学生2人も参加して楽しい宴席であった。

留学生は横浜と新潟から来ていたが、中国に来て以来初めて本格的な豪華中華料理

を食べられ上機嫌、これから日中関係がどうなるかは解らないが、若者が交流する

ことは良いことだ。宴は盛り上がったが、それでも用意された白酒は丁重にお断り

して、早めに切り上げ、ホテルに戻り23時にチェックイン。

LCCの機内で多少ウトウトしたものの、休まった気はせず、本当に長い一日だった。

 


ホテルは、湖北大学から2〜3km離れたより愛家国際華城という住宅団地の入り口

にある。こぢんまりしたプチホテルという感で周りに繁華街などが無く静かで良い。

 

 

 

街路は一見オシャレにはできているが、遊歩道には洗濯物が干してあり、道端では

卓球に興じる人たちが居る、これが中国だ。

長い一日を書き出したら文章も長くなったので、今日はこれで一休み、続きは!?

 

湖北省武漢へ靴愨海

 

 

 

うぉータン | 中国 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:
                                
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
     
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH