<< お伊勢参り | top | お伊勢参り >>

お伊勢参り

伊勢神宮 内宮

 

お伊勢参りより読む

外宮から内宮へは、バスが頻繁に運行している。外宮入り口前に待機して

いる内宮行きのバスに乗り込めば10分ほどで内宮入り口へ到着する。

バス料金は少し高い気もするが、これも神様へのお賽銭と思えば高くない。
到着するバス停は、内宮の入り口「宇治橋」前の広場の直ぐ近くにある。

宇治橋

 

バスを降り、内宮方面にちょっと歩けば、直ぐに宇治橋の鳥居が見えるか

らわかりやすい。因みに、旅の楽しみのおはらい町通りは、バス通りから

五十鈴川側に並行して通っている。先ずは、内宮へお参りすることとして、

宇治橋を渡る。内宮では右側通行なので、宇治橋も右側通行だ。外宮は、

左側通行だったが、これは御正宮の位置によるもので神様の通り道は中央

参拝者は外側の遠い方を歩くのが礼儀のようだ。

宇治橋を渡る

 

宇治橋を渡り、右に曲がると広い参道が続く。ここも右側を砂利を踏みし

め進んでいく。やがて、神苑広場や火除橋を過ぎると右手に手水舎がある。

内宮参道

 

手水舎で清めるのも良いが、少し進むと川に下る道があり、川沿いに五十

鈴川御手洗場がある。川岸に石床を造り五十鈴川の流水で手や口を清める。

御手洗場

 

川の水を口に含むのは、大丈夫かなとは思うが、ここは川の水も御神水で、

尊い清水なのだ。まあ、伊勢の山々から流れ出た水なのだから問題は無い。

なにより、御手洗場より眺める五十鈴川は川霧が立ち神秘感がましている。

五十鈴川は川霧

 

五十鈴川の御神水で手や口を清めた後は、いよいよ内宮御正宮へと向かう。

道は大きく左へ曲がり内宮神楽殿をすぎると、左側に御正宮が見えてくる。

内宮御正宮は、石段を登った上にある。ここも石段からは撮影禁止なので、

写真はしたから取ってお終い。さすがに、人が多いがこれもしかたがない。
内宮(皇大神宮)は、神路山、島路山の麓、五十鈴川のほとりに鎮座され、

皇室の御祖神であり日本人の大御祖神である天照大御神をお祀りしている。

現在でも全国の神社の本宗として特別に崇敬を集め、平安末期より全国に

広がった国家の守護神として崇める伊勢信仰の発信地でもある。

御正宮

 

まあ、日本人の古来よる持つ森羅万象に神が宿り、全てから恵みを受け神

に感謝するという神道の総元締めというわけだ。昨今、世界中で蔓延する

他を認めない宗教対立や、それを起源とするテロ、殺戮、戦争を思えば、

日本の宗教観はなんて穏やかなものだろうと、感謝するしかない。これも、

日本という恵まれた地勢によるもので、日本人となれたことを感謝しよう。

御稲御倉

外幣殿

 

御正宮を参拝した後は、内宮に属する十別宮のうち第一に位する「荒祭宮」

にお参りに。参道を少し戻り内宮側に曲がり進むと神田から収穫した抜穂

の御稲が納められ御稲御倉や外幣殿等がありやがて「荒祭宮」が姿を現す。

荒祭宮

 

ご祭神は、天照大御神の荒御魂。神様の御魂のおだやかな働きを「和御魂」

と申し上げるのに対し、荒々しく格別に顕著なご神威をあらわされる御魂

の働きを「荒御魂」とたたえる。

風日祈宮橋より


参道を少し戻り、風日祈宮橋を渡って別宮「風日祈宮」へお参りに向かう。

風日祈宮橋は五十鈴川支流に架かる橋でこれも遷宮により掛け替えられた。

風日祈宮橋


風日祈宮のご祭神は、伊弉諾尊の御子神で特に風雨を司る神、級長津彦命、

級長戸辺命。雨風は農作物に大きな影響を与えるので神宮では古より正宮

に準じて丁重にお祭りしている。

風日祈宮

風日祈宮橋


参道に戻り、神楽殿脇を通り御厩から休憩所でもある参集殿方面へ向かう。

途中の右手には、神宮につきものの神池があるが、水質だけは神の力では

どうにもならないよう。まあ、神社の池は汚いのが日本の通説であり、そ

の神社の総元の池がこれならばと納得するしかない。しかし、鯉を飼う池

の水は透明度は高くキレイなもの、これは神の力なのか、ろ過装置の力な

のか神のみぞ知ること。

神池

鯉池


内宮のお参りも無事終え、再び宇治橋を渡り内宮を後にする。宇治橋は、

聖界と俗界との架け橋といわれ全長101.8mの純日本風木造反り橋。

宇治橋

 

宇治橋の外側と内側に立つ鳥居は、外宮・内宮それぞれの旧御正殿の棟持

柱が使われ、20年に一度の遷宮にて、橋は架け替えられ、鳥居は建て替

えられている。外宮・内宮・別宮そして鳥居、架け橋まで、木造により造

られ、建築にも関わる仕事柄(一応一級建築士)も感服するばかり。

おはらい町


これで、お伊勢参りの主用参りが終了し、近くの別宮や名所を巡ることに、

でもその前におはらい町で、一休み!?

 

それでは、腹ごしらえをした後は、猿田彦神社へ〜 

お伊勢参り靴つづく

 

 

うぉータン | 水辺散歩 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:
                                
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
     
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH