<< 春とおからじ | top | お伊勢参り >>

広瀬川ぶらチャリ

広瀬川サイクリング


5月となり天候も安定し新緑が美しく、毎日の自転車通勤も目に優しく楽しくなる。
最近、自宅近所を流れる広瀬川に新橋が架かって、今まで迂回していた経路が直線
となり1〜2分の時間短縮となった。通勤が、スムーズになるのは良いが、今日は、
天気も良いので仕事場へ直行せず、新橋手前を右折して広瀬川緑道沿いを上流に向
かいゆっくり自転車で走ってみる。





広瀬川は、前橋市街を流れる利根川水系の一級河川、北に位置する渋川市北橘町で
利根川より分流して、伊勢崎市にて再び合流する。(前橋広瀬川)前橋市中心街を
貫き流れ、市街地の両岸には親水緑地と遊歩道が整備され、多くの市民に親しまれ
る都市河川だ。緑地には桜が植えられ1ヶ月ほど前には満開の桜が飾り、今は新緑
が萌える美しい景観を造り出している。



中心街を過ぎると、側道が一部途切れるが、再び前橋公園の北側にある柳原水門に
て流れを見ることができる。前橋公園は、明治38年に開園した市内で最も古く歴史
ある公園で、鶴舞う形の群馬県を形どった「さちの池」や、懐かしさ満点の遊園地
「るなぱあく」などがあり市民の憩いの場となっている。
柳原発電所



この水門は、群馬県企業局柳原発電所への分流のためで、広瀬川にはここから渋川市
の取水口までの約10km間に、群馬県企業局が柳原発電所、小出発電所、関根発電所
田口発電所の4つの発電所を、その他にも東京電力前橋発電所と(株)カーリット広桃
発電所の計6箇所の発電所がある。



小水力発電は最近注目をされてきたが、決して新しいものではなく、群馬県では古
くから整備されていた。東日本大震災以降、にわか自然エネルギー派が多く現れ、
太陽光、風力、地熱等々エネルギー転換を騒いでいるが、どれも安定した電力とは
ならず本格的対策にはなっていない。国の買取り政策にて、一儲けしようと大規模
な太陽光発電所が、数多く設置されたが、天候が安定しなければ発電効率は低下し、
買取り価格が下がり採算がとれなければ長続きしない。より問題と思うのは、無機
質な太陽光パネル等を自然の中に設置すること自体が、環境破壊であり日本の美し
い景観を台無しにしてしまうことだ。



太陽光や風力発電は、人工物の建物に設置して自己用電力を賄う程度が良いと思う。
その点、水力発電は、水を消費すること無く水の流れにより発電機を回転させるの
だから、再生可能エネルギーの優等生であり、発電効率は、原子力や火力に劣ると
しても、水量が豊富で一定の勾配をもつ日本には最適な発電方法だろう。
今後、技術革新により効率的な発電機が開発されれば、より高出力発電を得ること
ができるだろう。広瀬川にも、もっと簡単に発電設備を設置できるかもしれない。
もっとも、如何なる発電方法でも発電所の建設・運転は環境破壊には変わりなく、
無駄な発電は行わないこと、電気をできる限り使わないことが、環境に一番やさし
いことを忘れてはいけない。



柳原発電所を過ぎしばらく走ると、広瀬川は暗渠になり流れを見ることができない。
その経路上に「小出発電所」が現れ、西側には、群馬県のスポーツのメッカである
群馬県立敷島公園がある。陸上競技場、野球場、ラグビー・サッカー場、プール、
テニスコート等が有り、現役時代には毎週のように訪れた馴染みの場所だ。5月の
連休中は、隣接する前橋浄水場の開放があり、多くの見物客で賑わっていた。
小出発電所





さらに進むと左側(右岸)に東京電力の「前橋発電所」がある。広瀬川にある最も
古い発電所で、1933年運用開始から83年経っているのだから水力発電は長命だ。
原子力発電がいくら高効率でも、耐用年数40年と言われるので、電力会社も国家も
効率や利益優先にて原子力発電を推進するのではなく、水力発電中心にしていれば、
今日の問題は発生しなかったのでは?!。
前橋発電所





前橋発電所を過ぎ、左に群馬大学を眺め走ると、広瀬川正面に関根発電所が現れる。
広瀬川を遮るように設置されているので、全水量利用の大きな発電容量なのだろう。
関根発電所





関根発電所の貯水池を過ぎると、広瀬川西側に群馬総合スポーツセンターがあり、
多くの人々がスポーツを楽しむ。主にアリーナ、体育館、武道館などの屋内競技
場が整備され、敷島公園競技場と共に、群馬県のスポーツの主会場となっている。



スポーツセンターの北側には、数年前開通した国道17号線前橋渋川バイパスが走り、
広瀬川上は高架橋となっている。前橋市街から唯一、広瀬川の上に被さる高架橋だ。



高架をくぐると正面に水門がある。この水門から、前橋市の北部を流れる桃の木川に、
分流をしている。そして、この水門周りだけが整備されておらず、側道も途切れる。
遠回りも面倒なので、水門脇の未舗装の畦のような道、空き地を自転車を押して通り
抜けると、再び側道となる。
何年経っても同じ状況なのは、土地収用の問題か?国道工事の影響なのかは定かでは
無いが、早く側道を開通させて欲しいと願うばかり。



そして、またしばらくにて、横断道路にて側道が途切れ、上流に田口発電所を望み
左は利根川沿道に近接し、利根川の向こう側には榛名山が美しく連なる。



上流へ向かう道を探し、右集落の中の生活道を抜けると正面に発電所施設が現れる。
国道17号に面した入口から進入すると、正面に「田口発電所」正門、右手に(株)カ
ーリットの「広桃発電所」、間の小道を行くと「広桃発電所」貯水池の脇に出る。
田口発電所   広桃発電所






流入水路に沿って行けば国道17号にぶつかり、気を付け横断すると「広桃発電所」
の流入水路が国道沿いに流れ、その東側を「田口発電所」流入水路が流れる。



二つの水路を流れる水は、発電所から1.5kmほど上流にある阪東橋脇取水口より、
取水され、計6箇所の発電所にて利用されても、水量を浪費すること無くさらに
流れて再び利根川に合流する。この間には、農業用水や工業用水と様々な用途に
利用され、市街地では市民に潤いを与えてくれる。
広瀬川の水が、私たちの経済や生活を支えてくれていることを実感する。



取水口付近は暗渠となるため、国道17号に出ての利根川に架かる阪東橋を渡ることに。
阪東橋は、古くから渋川市の入り口として年中混雑していたが、関越高速道やバイパ
スが開通した後は、交通量はめっきり減り通りやすくなった。



自転車で橋の歩道を行き、渡り切ったら河川敷へと下りてみる。利根川西岸には公園
が整備されプールやゴルフ場なども有り、渋川市民の憩の場所となっている。
川岸に腰を下ろし、堰を流れる水飛沫を眺めていれば、疲れも吹き飛び気分爽快だ。



利根川の西岸には、利根川サイクリングロードが、この上流の吾妻川合流まで続い
ているので、もう少し足を伸ばしブラチャリを楽しむことにしよう。

気分が向いたら続く
 
うぉータン | 水辺散歩 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:
                                
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
     
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH