<< 夏の終わりに | top | 春とおからじ >>

地球温暖化対策PJ

気候変動考える!

11月30日より、第21回気候変動枠組条約締約国会議“COP21”がフランス
のパリにて開催されている。パリでは、去る11月13日にイスラム国による
連続多発テロ事件により多数の犠牲者がでたばかり、各国首脳が一堂に会す
るCOP21へのテロを防ぐための厳戒態勢がとられている。地球温暖化対
策を論議する都市で、同じく、世界を熱く震撼させる事件が起きたことは、
何か因縁を感じずにはいられない。
先ずはイスラム国のテロ事件被害者とご家族関係者に哀悼の意を表したい。



地球温暖化は、18世紀半ばから英国にて始まった産業革命により欧米先進
国が大量の化石燃料を燃焼させることから引き起こされたものだ。そして
イスラム国によるテロ事件も、産業革命により大量に必要となった化石燃
料等の資源調達のため、欧米各国が行った覇権政策により引き起こされた。



特に中東地域の紛争は、第一次世界大戦にてオスマン帝国が滅亡したこと
により英、仏、ロシア等の勝手な線引きによる領土分配から始まったもの。
その後、第二次世界大戦を経て、独裁国家の創立と衰退、イデオロギー対
立から宗教対立と複雑な背景から経済格差が生じ、イスラム原理主義者等
による資本主義国家への反発からテロへと繋がったものだ。したがって、
イスラム国テロも、地球温暖化も、化石燃料に端を発するよるものと言っ
て良い。そしてその原因が欧米先進国の帝国主義によるものとすれば、テ
ロ行為は許されないものとしても、地球温暖化や、難民の受け入れ等は、
欧米先進国にとって自業自得のことかもしれない。



イスラム国の卑劣なテロ行為はもはや人ごとと言っていられないが、極東
の島国「日本」にイスラム国が攻撃をするとは思えないし、思いたいもの。
一方の地球温暖化による影響は、温室効果ガスを排出する経済大国だけに
あるものではなく、排出国も排出せざる国にも、地球全体に被害を及ぼす。
近年の日本でも夏には巨大台風や豪雨による河川氾濫や土砂崩れ、冬には
豪雪と自然災害が多発している。



地球規模でも、世界中の彼方此方で大雨による水害が発生する一方で水不
足や干ばつとなり、2極化した異常気象現象が顕著となってる。現在も、
南米のペルー沖の海水温が異常に高くスーパーエルニーニョ現象となって
いて、今年の冬はどんな天候になるか心配だ。そして大洪水も大雪も全て
は“水”に起因し、“水”の極端な偏在が直接的原因で、“水”の偏在を引き起
こす異常気象は、地球の気候変動によるとされている。



地球の気候は、古来より太陽光等の宇宙からの影響と、地球の地殻などの
要因により自然変動してきた。数万〜数百万年単位の大きな時間の流れで
は、氷河期と温暖期を繰り返し、現在もその時間の流れの端にあり、直近
の僅か100年あまりの地球気温の変化を直ぐさま異常な温暖化現象とする
のは早計かもしれない。



直近の100年20世紀は、産業革命以降の急速な科学技術発展と工業化によ
り世界の政治経済を変貌させ人類が意図的に化石燃料を燃焼させた大きな
変革の時代だ。化石燃料による工業化は、人類に自動車や様々な化学製品、
電化製品をもたらし、現在の豊かな生活がある。世界中が、経済発展を欲
望することによりエネルギー需要は増大し大量の化石燃料を燃焼すれば、
大量に二酸化炭素が生成され大気中に排出されるのは確かなこと。この人
為的な二酸化炭素等の温室効果ガス増加が、地球環境に変化をもたらす。



資源を持たない日本では化石燃料を輸入に依存しているため省エネルギーや
節電対策などが早くから浸透して、温室効果ガスの発生は高度成長時代に比
べ削減された。しかし、経済規模が大きく、化石燃料の消費量と温室効果ガ
スの大量排出国にはかわりない。近年、特に東日本大震災以降は、原子力発
電への反感から太陽光や風力、小水力などの再生可能エネルギーの普及が行
われているが、膨大な産業用エネルギーを得ることはできず、化石燃料に頼
るしかないのが現状だ。地球に良いことをしようと二酸化炭素削減を唱え原
子力発電に反対する市民も、電力に頼る豊かな生活を手放す選択はできない。



豊かな経済により得られた都合の良い情報によって判断し騒ぐだけでは、何
も変えられず地球を救う選択はできない。もし、本当に温室効果ガスを減ら
したいのならば、豊かさを追求せず電気や化石燃料をできる限り使わないこ
とだろう。
COP21で、京都議定書に代わる温室効果ガス削減への合意がまとまるかは、
極めて難しい。本来は、世界の各国がテロに反対するのと同じように、化石
燃料の燃焼をやめることなのだが、テロ国家を支援する国家があるように、
化石燃料の燃焼は止められない。



地球温暖化が、“水”に大きな負担となり水質汚染や水不足などを引き起こし
ていることは明らかならば、“水”を守りたいせつにすることが地球温暖化を
防ぐことでもある。まずは、できることから始めるしかない。

さあ、始めよう!地球温暖化対策プロジェクト!!


 
うぉータン | ちょっと言わせて | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:
                                
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
     
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH