<< 2015風に向かって | top | 春は優しくない!? >>

桜満開!だけれども?



桜が満開である!今年は、3月の気温が暖かかったためか、例年よりいく
らか早く3月末に開花し、4月最初の週末に満開を迎えている。
東京では、3月最終週が満開だったようだが、北関東では一週間遅くなり
今週末だ。
 

 
4月は、新年度の始まり、入学や入社など、新しい出発の時、これから始ま
る新しい人生を祝福する月。桜満開の入学式は、ピカピカの一年生にお似合
いだし、小学生でなくとも大人だって始まりの時に、満開の桜で飾られるの
は嬉しいもの。きっと、人生の門出の時の桜は、忘れられない思い出となり、
何年経ってもこの時期になれば思い出されるものだろう。
 

桜の時期はそんな始まりの時でもあり、寒かった冬から暖かな春になりコー
トを脱ぎ、華やかな装いとなる心躍る時。そして、満開の桜を愛でるのが日
本人の古くからの感性で、習慣となっている。満開の桜の下に近しい人達と
集い、料理や酒を酌み交わし、春の訪れと、これから始まる新しい始まりを
祝う。もっとも、最近は、惰性で花見を行い、単に酒を飲む口実となってい
る感もあるが、まあ、理由はともあれ、美しい桜の下での宴は楽しいもの。
 

 

 
しかし、桜は満開になったがどうも天候が思わしくない。週末に近づき曇り、
小雨模様となり、気温も低く肌寒くなった。花曇り、花冷え、花寒むという
言葉もあるとおり、春は天気が変化しやすい時期でもある。太平洋沿いに南
岸低気圧が停滞すれば、関東地方の天気はさえない。
天気のことなので仕方ないが、週末の花見を楽しみにしていた人達にはガッ
カリ。何より、この日とばかりと花見客を当てにしていた屋台の面々は、商
売あがったりだ。
 


 

 
こんなこともあろうかと、桜が一気に開花しだした週初めの暖かな日に夜桜見
物をして正解だったと自己満足。長年、花見をしていれば、花見時は見当が付
き、いつ見るか?今でしょう!と、思い立ったら直ぐに見に行くことだ。
 

 

 

週末には、花曇りでも花見客が増えるので、そんな桜の名所を自転車に乗っ
て巡ってみたが、気になることは、花冷えのせいなのか花見に元気がない。
若い頃から、満開の週末には、仲間とこぞって、大騒ぎをした身にとっては、
ずいぶん雰囲気が変わったと思う。
 

花見を楽しむには、満開の桜、晴天・無風・暖かな気温、美味い酒と肴、一
緒にやる仲間・同僚・家族、盛り上げる芸達者と綺麗どころ、場所取り係、
仕切る者と、準備をする者など様々な役割と条件が必要になる。
全ての条件が必須でも無いが、より楽しく華やぐ花見としたければ準備万端
揃えたい。まあ、大勢で騒ぐばかりが良いのではなく、独り静かに(寂しく)
見る桜も風流だし、2人で見る桜もきっとロマンチックなのだろう。
一年に一度の春の訪れ、それぞれに楽しみ、楽しめれば良い。
 

 
そして、どんな花見も楽しいものと思いたい。寒い冬も何時までも続くので
はなく、春は必ずやって来る。そして春になれば、冷たい北風が暖かな春風
にかわり、雪や氷が溶け、野山に花が咲きだし、桜の満開が春の訪れの最終
章。たとえ、運悪く、花曇り・花冷えだって、春は間違いなく来ているのだ
から喜びたい。
 

 

 
何事も、全てが上手くいくなんてことは無いもの。寒気は必ず過ぎ去り、春
が訪れ、やがて夏となる。来週には、桜の花が散り、若葉の季節が始まる。
咲く桜も美しいが、散る桜も美しく、そして若葉の頃も良いものだ。
 
季節の移り変わりを楽しみ、自然を愛で美しい水環境を造っていきたいもの、
世の中、より良くなっていくものと信じたい!?



 
うぉータン | 水辺散歩 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:
                                
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
     
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH