<< 2014夢・希望 | top | 中国大気汚染 >>

使わない政策

電気使わない政策



年初より、東京都知事選で騒がしい。東京都民ではないので、関係ないと言
えばそれまでだが、首都東京のトップを決める選挙であり、新聞やテレビで
騒ぐのも判る。ただ、首都とはいえ、あたかも国政に関わる政策論点が各候
補の主張となっているは如何なものなのだろうか。
その論点は、原発政策であり、経済政策であり、福祉政策で、東京都固有な
ものは2020東京オリンピックくらいだ。


原発政策について、東京は電力の大消費地であり、そのトップの意向がエネル
ギー政策に多少は影響すると思うが、それが第1の主張、公約であることには
違和感がある。国は、福島原発事故から早3年、そろそろエネルギー政策の基
本方針を定めるべきだが、東京都知事が原発即廃止を唱えてもどうなるもので
もない。



脱原発派は、自然エネルギーに転換すると唱えているが、これも如何なものか。
風力発電や太陽光発電を想定しているのだろうが、それのどこが環境に良いの
だろう。風車も太陽光も、小規模地域用や家庭用設備、モニュメントやシンボ
ルと言った程度なら良いが、大量電力を得るための大規模構造物が、この狭い
日本に乱立することが良いのだろうか。
そんな風景が、この風光明媚な日本に合う美しさなのだろうか。
台風が多く、季節により風向の変わる地域では大型風車は適さず、日射量の少
ない地域では発電効率が悪い。そして、大型風車や太陽光パネルの製造のため
に大きな電力を要し、それを賄うため原発を稼働させるのでは本末転倒だ。
さらに、数十年後に訪れる廃棄物問題がある。全て鉄で造られているのならば
スクラップ再利用もできるが、大型風車は炭素繊維で、太陽光パネルは結晶シ
リコンだ。それら新素材の再利用技術は確立されていないし、さらに効率の良
い材料が開発されれば、廃棄物となるしかない。



エネルギー問題は、産業や住民生活に関わる重要な論点だが、大切な点が欠落
していると思う。政治家を含め多くの評論家、新聞マスコミも決して言わない
のは、エネルギーを抑える、使わない政策だ。省エネや節電を唱えることはあっ
ても、一過性の目先だけの話で、政策として発電量を削減する話はしない。
原発問題然り、地球温暖化によるCO2削減も問題然りで、本当に環境を考える
ならば、電気使用量を削減し、発電しないことだろう。民主党政権では、地球温
暖化対策のために原発促進の話しまであったのだから何をかいわんやである。
電気使用量を減らせば、無駄な発電所は必要ない、それが一番の政策のはずだ。
もちろん、産業や生活を支える必要最低限の電力は必要で、安全が保証される
なら、最も効率の良い発電方法を選択すれば良いだろう。



メディアにしても、その多くがテレビ局に関わることからかテレビ放送をやめ
ようという話にはならない。情報源や娯楽としてテレビが有用であることは認
めるが、多チャンネルの長時間にわたる放送は必要ない。人口減少の中で多様化
ばかり求めて番組製作や関連電力消費まで考えれば、全ては必要ない。バラエ
ティばかりやっている東京のキー局の一つや二つ削減しても良いのではないか!?



携帯電話やスマートホン、タブレットは本当に必要なのか?確かに最新機器は、
便利で海外どこへ行っても電話がかけられ、メール送受信ができるようになり、
国際ビジネス環境としては不可欠となった。しかし、全ての人に必要かは??
意味のない交信や犯罪にも使われ、ゲームに夢中になっている輩もいる。
スマホやゲームのために原子力発電所が必要というのなら原発はなくても良い。



LED照明となり、電力消費が減ったからと言って、無用なライトアップやイル
ミネーションは必要ない。そんな照明を見て「キレイ〜」というだけのために、
原子力発電所が必要というのなら、原発は即廃止でも良く、風車や太陽光パネル
も必要ない。
本当に大きな電力消費に頼った生活が幸せなのか、考え直す必要がある。本当の
豊かさとは何のか、社会として考え直す時期なのだろう。

テレビを見ずに、スマホも使わず、ゲームもしないで、屋外で働き、スポーツを
すれば、きっと電力使用量も削減され、原発を稼働しなくても良いかも知れない。

新エネルギーも、スマートホン通信機器も、省エネルギー商品も経済を支える主
要産業だ。経済発展は、国策でもあり、豊かさを求める国民の希望でもある。
しかし、この経済発展は、全て消費に頼っているもので、日本では少子化と成熟
化により内需が減少したため、その市場を海外に求め進出して経済発展を目指し
ている。同様に、中国をはじめ、多くの国々が、この欧米から発した消費増加モ
デルにより、豊かさを手に入れようと、活発な消費活動を繰り広げている。



結果、問題は世界に拡散し、多くの国々で原子力発電所が造られ、世界中の大
気や水は汚染され、自然は破壊されていく。果たして、この地球に、世界人口
70〜80億人が日本並みの豊かさを享受できる余裕があるのだろうか。
全てが、車に乗り、腹一杯食べ、そして廃棄したらどうなるのだろうか。それ
に足りるだけの、エネルギーや水は、地球にはないはずだ。
持続可能な発展とは何か考え、実行する必要がある。



都知事選の論点は、エネルギー政策だけではなく、経済政策、高齢化や少子化、
待機児童問題など言われているが、票目当ての世間受けする主張が正しいとは
限らない。

うぉータン | ちょっと言わせて | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:
                                
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
     
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH