<< 2013尾瀬 | top | ペルー水事情 >>

2013尾瀬



見晴の山小屋でゆっくり朝食をとってから、7:00に出発して尾瀬ヶ原散歩
今日は尾瀬ヶ原をゆっくり散策、山の鼻に抜けて帰るだけなのでノンビリ
山では早朝とは言えないが、それでも下界にはない気持ちよい朝だ。

◇山に垂れ込める朝霧


真っ直ぐ山の鼻では、芸がないので東電小屋経由にて見晴十字路を右折。

◇至仏山を望む


山々にかかる朝霧、朝靄が晴れていく中を歩けば足元の木道沿いには花々が。

◇木道際のアザミ


◇キンコウカ


◇オオバタチツボスミレ


今年の尾瀬ヶ原のニッコウキスゲは、鹿に芽を食い荒らされて少ない模様。

◇湿原


◇東電尾瀬橋


東電尾瀬橋を渡り、東電小屋前を通り、ヨシッ堀田代を歩けば緑の絨毯。

◇ユリ


◇??


◇ヨッピ吊り橋


◇ヨッピ川の流れ


ヨッピ川を渡り、牛首へと向う。

◇湿原の木


◇池とう(池塘or池溏)


「池塘」は池沼の堤を、「池溏」は池沼の水をそれぞれ指すという説もある。

◇湿原の池溏


◇燧岳を望む


◇牛首分岐


牛首分岐を山の鼻方面へ右折

◇逆さ燧


◇ニッコウキスゲ


夏の尾瀬ヶ原の花といったら、やはり「ニッコウキスゲ」でしょう。

◇山の鼻へ到着


◇山の鼻分岐


かなりゆっくり歩いたつもりでも、9:00過ぎには山の鼻到着ソフトクリームを
なめ糖分補給をし、一休みした後は、鳩待峠に向かって出発だ。

写真を見ているだけでも、尾瀬ヶ原を散歩している気分を味わえただろうか。

久しぶりの休日に、尾瀬散歩はちょうど良い気分転換でストレス解消になる。
尾瀬の水と花々は何時までも美しくあってほしいもの、地元観光関係者には、
申し訳ないが、できれば入山者はそこそこで増えないでほしい。
間違ってもどこかの山のように「世界遺産」などに登録しないでほしいもの。
世界遺産だから登ってみると言う人々で、数珠繋ぎの登山では山が台無し。

猛暑と天候不順の夏だが、暑い熱いといっている間にもうすぐ秋がやってくる。
今年の秋はどんな気になるやら??
9月早々には南米ペルーへ、10月にはロシアと、慌ただしく過ぎて行きそうだ。
尾瀬でゆったり養った鋭気をもって、世界の水を尾瀬の水のようにしたいもの。

そんな希望に向かって頑張るべ〜!!
うぉータン | 尾瀬 | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:
                                
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
     
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH