<< 北京の水 | top | 2013尾瀬 >>

2013尾瀬

2013 尾瀬

夏がくれば思いだす尾瀬に今年も行ったので、行けなかった人にお裾分け。
最近、どうも汚れた水ばかり見ていたので、時には綺麗な水辺散歩したい。
尾瀬に通い出し数十年になるが、毎年来ても、いつ来ても素敵な場所だ。
今年は、夏休みに入った東北地方で大雨の続く雲行き怪しい時期のため
無理をせぬよう歩き慣れたコースを行くことに。

◇大清水から入山


水芭蕉の時期の6〜7月には賑わう登山道も、夏休みに入れば空き好き。

◇一ノ瀬を過ぎれば山道に


森林の中をひたすら登ります。沢の水音を聞きながら汗をかきかき登る。

◇もうすぐ三平峠 視界が開けます。


三平峠を過ぎればらくらく下り道、滑らぬように木道を行けば尾瀬沼が現れる。

◇尾瀬沼 燧岳に怪しげな雲がかかります


一休みした後は、尾瀬沼を右回りに歩きだす。

◇尾瀬沼


雨が続くため尾瀬沼の水量は多く、濁りもあるようだ。

◇アザミ


◇尾瀬沼ビジターセンター


ビジターセンターには、さすがに多くのハイカーが休憩している。
やはり、中高年ハイカーの団体が多く、尾瀬にも超高齢化現象が、、、

◇湿原のニッコウキスゲ


今年のニッコウキスゲは、鹿に荒らされ少ないと聞いているが、そこそこは咲い
ている。そろそろキスゲの季節も終わりに近づいていますが、やはり尾瀬には
黄色いニッコウキスゲが似合います。

◇湿原から尾瀬沼への流れ


◇大江湿原の木道


◇大江湿原


ニッコウキスゲを堪能した後は、尾瀬沼を左に見ながら沼尻に向かい出発。

◇沼尻への道


沼尻までは、森林の中の整備された木道を歩く。

◇整備された木道


時々左手に姿を現す尾瀬沼は、例年より水量が多く岸辺の水草が水没している。

◇尾瀬沼


ビジターセンターから50分も歩けば、左手前方に沼尻小屋が見えてきた。

◇沼尻小屋


最盛期には、座る場所もない小さな小屋だが、この時期は適度な混み具合。

◇沼尻小屋へ


席を確保して、靴を脱いでリラックス、早速冷えた500ml缶ビールをいただく。
そろそろ昼食です。持参の手作りおにぎりに、山菜そば、缶ビールのセット

◇昼食セット


山で食べれば何を食べても美味いというもの、やはり手作りおにぎりが一番!
冷えたビールが疲れを癒してくれる。

◇尾瀬沼と青空


沼尻と言われるようにここは尾瀬沼の西端で、尾瀬沼の水はここより沼尻川を
経て、尾瀬ヶ原へと流れでる。

◇夏空 積乱雲


昼食を済ませ一休みしたら、出発。
遠くで雷も鳴ってきたので、雨に降られぬよう早めの行動だ。

◇見晴までの道


見晴までは、沼尻川沿いに森林の中を行きます。多くは木道が整備されてい
るが、時々は未整備な場所もあり、まあ山道ですからこれもしかたない。
案の定、出発から10分もしない内に、雨が降り出し、カッパを着て急ぎ足。
午前中は、晴天だったことに感謝して、今日の宿泊先見晴の山小屋へ。。。
山小屋で持参の焼酎を美味しくいただき、久しぶりに熟睡、おやすみなさい。

今日の散歩はここまで、明日は早起きして尾瀬ヶ原散歩!

うぉータン | 尾瀬 | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:
                                
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
     
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH