<< 震災におもう | top | 震災におもう >>

震災におもう

ちょっと言わせて

瓦礫撤去


廃棄物
処理問題


 被災地の復旧復興が始まっていますが、まず現場で行わなければならないこと
は地震と津波により破壊された建物などの瓦礫片付け、撤去でしょう。
津波に押し流された一帯は、つい1ヶ月前には、温かな家庭を育む住宅、生活を支
える仕事場、地域の学校や病院などかけがえのないものが進行形で存在しました。
それがたった一日で、瓦礫の山となってしまったことは、いかに自然とはいえ許しが
たいことです。失ったものは、尊い命や財産ばかりではなく、長年に渡り築き上げら
れた文化や歴史までもが一瞬のうちに喪失してしまいました。しかし家族の絆や地
域の団結までが無くなってしまったわけではありません。この瓦礫の山からまた新
たな街づくり、社会づくりが始まります。
 それにはまず、瓦礫撤去と廃棄物処理を行わなければなりません。



 東日本大震災により発生した瓦礫の量は、宮城県だけでも現時点で1800万トン
と推測され、宮城県で排出される一般廃棄物量の23年分に相当するそうです。
これに岩手県、福島県、茨城県などの発生瓦礫量を加えれば、有に5000万トンを
超え、さらに周辺県、二次的に発生する廃棄物量を考えると膨大な量になると予想
されます。この瓦礫の片付け撤去をいかに行うか、そして発生する廃棄物の処理を
どう行うかが緊急の課題です。そしてそこにはいくつかの重大問題が考えられます。
 この災害によって発生した瓦礫は廃棄物処理法ではどのように扱われるのでしょ
うか。廃棄物の分類は大別すると、市民生活から発生する一般廃棄物と、産業界か
ら発生する産業廃棄物に分けられます。一般廃棄物は市町村により収集運搬から
最終処分まで税金にて賄われ、産業廃棄物は、排出事業者負担により、産業廃棄
物処理事業者に委託され廃棄物処理されます。それでは、この災害廃棄物はどち
らになるのでしょうか?どうも自然災害の場合、その責任の所在がないことから市町
村が処理を行う一般廃棄物として取り扱われているようです。でも、現物の瓦礫は、
一般廃棄物も産業廃棄物も区別はなく、全て瓦礫であり、ゴミ、廃棄物です。
 これが、通常の建物解体や工場から発生すれば、産業廃棄物として厳しい規制を
受けます。不法投棄されようものなら、住民からの苦情と、行政からの厳しい罰則に
より社会的制裁を受けます。廃棄物処理施設にしても、その処理施設は迷惑施設
として扱われ、新規の廃棄物処理場の建設すら難しいものとなっています。



 しかし、これが災害廃棄物そして一般廃棄物となると、復旧復興が優先されるため
か法規制も適用外となり処理されるようです。地域住民ももちろん反対はしませんし
産廃廃棄物を目の敵のように反対している環境団体なども何一つ発言せず、全て、
復旧復興の名の下に許されてしまいます。確かに厳然と存在する災害廃棄物なので
復旧には早急に処理することが求められますが、それでもゴミはゴミ、廃棄物です。
埋めれば自然破壊と水質汚染、燃せばダイオキシンやCO2が発生してしまいます。
所管する環境省から明確な見解と、具体的な処理方法を示すことが必要でしょう。
災害廃棄物を全てリサイクルというわけにはいかないため、埋める、燃やすが主に
なるのでしょうが、これも明らかにする必要があります。

 そして、その瓦礫撤去に従事する人達の労働環境問題もあります。震災直後なら
ばともかく、1ヶ月経過後の復旧復興作業においては、十分な安全対策や保護具等
の着用など作業環境の整備が必要です。これは、厚生労働省の所管ですから、労
働局は率先して指導し、必要ならばその予算で保護具などを支給するべきでしょう。
阪神淡路大震災の瓦礫撤去に従事した人が、アスベスト被爆による中皮腫にて亡く
なっている事実もあります。

 復旧復興の第一歩である瓦礫撤去と廃棄物処理は、これからが本番です。震災
現場では、徐々に始まっていますが、この処理にかかる費用は、瓦礫の片付け撤去
だけでも膨大な額が予想されます。瓦礫の中に、未だ行方不明者の遺体が存在する
可能性があることから慎重に行う必要があり、瓦礫といえども所有権が存在するため
その廃棄に確認がいるなど、時間も多くを要します。この費用を被災地の市町村で賄
いきれるはずもなく、国は国庫負担で行う方針だけは示しましたが、現場は待ったなし
です。全て後払いという訳にもいかないでしょうから、一日も早い資金拠出と、今後予
想される費用の財源確保が重要です。



 何もかもが、災害だから緊急時だからとおざなりになるのではなく、国はしっかり
と方針を示し対応するべきです。もはや現政権の政府主導では期待できないため、
真に力のあるリーダー、業務執行能力のある官僚の登場を望みます。瓦礫類が撤
去されたとしても、次にはその廃棄物処理の問題があります。
 また、この災害廃棄物のなかには様々な有害物質も含まれています。さらには、
福島原発周辺の瓦礫には放射能汚染も考えられます。このように廃棄物のことを
考えただけでも多くの難題がありますが、放射能問題などは他の知見者に委ねる
として、知見のあるアスベストについては次回改めて考えたいと思います。 


JWG理事長をフォローしよう!
  
Twitter @
kogureyukio 
うぉータン | ちょっと言わせて | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:
                                
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
     
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH