<< 尾瀬に想う | top | 夏の尾瀬 >>

夏の尾瀬

見晴まで

沼尻休憩所で、昼食を取り腹ごしらえをした後はいよいよ尾瀬沼を離れ
尾瀬ヶ原へと向かいます。
出発12:15、山は昼を過ぎると天気が崩れがち、怪しげな雲が出てきました。 

◇沼尻休息所からの尾瀬沼
 

まずは、尾瀬ヶ原へと向かう木道にでます。
◇左が尾瀬ヶ原の入り口見晴です。


ついついニッコウキスゲや、ワタスゲ、アヤメなどに目が行きがちですが、
尾瀬には様々な植物、花が生息し、今が盛りと咲いています。
◇サワラン




あちこちの水場にも、水生植物が見られます。



沼尻より見晴への道は、木立の中を行く全体的には下りの山道です。
道は泥濘が多く、滑りがちですがまあ下りですから足も軽く進みます。
途中、雨もぱらついてきましたが、このくらいでカッパを着ては熱いだけと、
木立を傘に進みます。
◇見晴への道


1時間20分ほど歩いて、前方が明るく広がってきました。
やっと見晴への到着です。

◇見晴到着13:35

見晴は、第二長蔵小屋や尾瀬小屋、弥四郎小屋などの山小屋が建ち並ぶ
尾瀬の沼と原をつなぐ、中継地点です。

◇尾瀬ヶ原を望みます


一休みをして、三条の滝へと向かう予定でしたが、雲行きが怪しいので中止、
尾瀬ヶ原を周遊して、本日の宿泊先竜宮小屋へ向かうことにしました。
うん!今年の尾瀬は、ニッコウキスゲが少ない!!

ということで明日へと続きます。


JWG理事長をフォローしよう!
  Twitter @kogureyukio 





うぉータン | 尾瀬 | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:
                                
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
     
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH