<< 夏の尾瀬 | top | 尾瀬に想う >>

夏の尾瀬

沼尻

浅湖湿原を後に、尾瀬沼北岸を沼尻に向かいます。
北岸の木道は、木立と湿原が交互に存在するほぼ平坦なコースです。
湿原には、この時期の尾瀬の名物であるワタスゲが群生します。

◇ワタスゲ


◇木道


コースの左手には尾瀬沼が見隠れします。
◇尾瀬沼


尾瀬沼
標高:約1,660m
周囲:約9
水深:約9.5m(最も深いところ)
1周:約2時間半

◇ワタスゲ(果穂)


ワタスゲ
ワタスゲ綿菅)はカヤツリグサ科ワタスゲ属の多年草。別名でスズメノケヤリ。
北海道から中部地方以北の高層湿原に生え、大群生をつくることが多い。
高さ30〜50cm。花期は5月〜6月。白い綿毛を付ける果期は6月〜8月。
花が終わると直径2〜3cmの名前の由来ともなっている白い綿毛を付ける。
この綿毛は種子の集まりである。

◇木道はさらに続きます。


浅湖湿原から40分ほど歩くと、左手前方に沼尻休息所が見えます。
◇沼尻休憩所


◇沼尻休憩所に到着


到着時刻11:45、昼食をとることにします。
持参のおむすびと、山菜そばを1杯、ついでにたこ焼きを注文しました。
そしてやはり欲しくなるのが、これです。

◇ビール 500mlカン500円

缶ビール500ml×2ほどいただきました。

昼時の休憩所は、多くのハイカーで賑わいます。
靴紐をゆるめて疲れた足を癒します。
30分ほどゆっくり過ごした後は、尾瀬沼を後に尾瀬ヶ原に向かいます。
昼を過ぎると、空には黒い雲が現れ始めたので急ぐことに、、、
それでは、今日はここまで、尾瀬ヶ原は次回に


JWG理事長をフォローしよう!
  Twitter @kogureyukio 






 
うぉータン | 尾瀬 | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:
                                
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
     
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH