<< 七夕のおまけ | top | 夏の尾瀬 >>

薔薇

黄色薔薇

七夕シリーズも一段落したので、今日は薔薇の花をお届けします。
黄色の薔薇も綺麗です。
黄色は、幸せ、温かな、など良いイメージがありますが、“注意”“警告”と
いった意味もあります。
黄色の花 http://blog.npo-jwg.com/?day=20100507



黄色い薔薇の花言葉
あなたを恋します・友情・恋に飽きたわ・誠意がないわね・不貞・嫉妬・
薄らぐ愛情・別れましょう 

やはり黄色い薔薇も、あなたを恋しますとしおらしい一面があると思ったら
恋に飽きた、不貞、・嫉妬と言ったマイナスのイメージもありました。



中輪のの黄色い薔薇の花言葉 : あなたには誠意がありません
何度この言葉を言われたか?え!俺のこと、、、
そんなことはありません。



小輪の黄色い薔薇の花言葉 : 笑って別れましょうね。
えっ!そんなつれないことを言わないで!
また、振られてしまいました。



黄色いバラの誕生
ハイブリッド・ティ系には純粋な黄色の花はなく黄色のハイブリッド・ティ系
の品種を作り出すことが課題とされました。
1900年にフランスのジョセフ・ペルネ=デュシェ がアントワーヌ・デュシェの
実生に原種のロサ・フェティダをかけあわせてソレイユ・ドールを作り黄バラ
第1号となりました。
しかし「ソレイユ・ドール」は「四季咲き性」がないので一層の改良が加えられ
1907年には四季咲き性の「リヨン・ローズ」、さらに1920年には完全な黄色
のバラ「スブニール・ド・クロージュ」を完成させました。




青い薔薇
薔薇は植物の中でも歴史が古く、とても種類の多い科目です。
けれどもその古い歴史の中でも、『青い薔薇』だけはなかったので、世界各
地で青い薔薇を作り出そうとして研究が続けられていました。
青い薔薇の開発途中、1995年、同じように不可能と言われてきたカーネー
ションに青色が誕生しました。
そして後の2004年6月、ついに世界で初めてバイオテクノロジーを用いた
開発に成功し、『青い薔薇』が誕生しました。
パンジーから取り出した青色色素を作る遺伝子を薔薇に組み込み、機能させる
ことによってバラの中で青色色素を作り出し、花色の変化を実現させました。
花には花弁の細胞の中に色素があります。
青い花にはアントシアン系デルフィニジンという色素が必要らしいのですが、
薔薇にはそれがもともとないため、何度交配をしても出来なかったのです。
それゆえに「Blue rose」という言葉には、「不可能」「ありえないもの」
という意味がありました。



黄色の薔薇も、なかなか綺麗です。
梅雨時は、緑が活き活きしてるので黄色が映えます。

黄色の花といえば、ニッコウキスゲがあります。
ニッコウキスゲと言えば、尾瀬ヶ原を思い出します。
夏が来れば思い出すと、急に思い立ち、明日は尾瀬に行ってきます。
雨が降らないことを祈ります。

そんなことで明日の「土曜コラム」はお休みです。


JWG理事長をフォローしよう!
  Twitter @kogureyukio 








うぉータン | ちょっと寄り道 | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:
                                
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
     
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH