セミナー案内

セミナー開催

第2回炭素繊維水利用技術セミナー を開催します。

セミナー開催の案内文を作成したので、まずは告知の第1弾です。
今回は定員40名と少ないため早めの申込みが良いと思います。
ブログの読者限定 お知らせですのでお早めに!

水質汚染による環境破壊は一層深刻さを増し、国内においては主要河川
の水質改善対策は進んだものの、都市河川では水質汚濁は相変わらず
であり、湖沼やお濠など閉鎖性水域は、富栄養化現象により大量のアオ
コの発生を招いています。現在の水質汚濁の原因は、ノンポイントからの
汚濁物質流入による面源負荷とされ、その対策として水域の直接的水質
浄化が有効と考えられます。国外においても、中国などの発展途上国で
の水質汚染は、安全で衛生的な水の供給すらできない状況にあります。
炭素繊維による水質浄化は、水域の直接的水質浄化技術として経済的
かつ効果的であると実証され、環境重視型の公共工事にて採用されてい
ます。
 本セミナーでは、炭素繊維水利用技術の研究開発報告から、具体的な
設計・設置方法までを講演しますので、水環境関連技術に関心のある皆
さまは、是非ご参加ください。


● 日 時 平成2 2 年6 月1 1 日( 金) 1 3 : 2 0 〜 1 6 : 5 0 
● 場 所 ビエント高崎問屋街センター本館4 0 3 研修室
     群馬県高崎市問屋町2 - 7 T E L : 0 2 7 - 3 6 1 - 8 2 4 3
            http://www.viento-takasaki.or.jp/about/access.html
     両毛線高崎問屋町駅( 高崎駅より1 駅) 徒歩5 分
● 定 員 4 0 名※ 定員になりしだい締め切らせていただきます。
● 内 容
 1 3 : 0 0  開場
 1 3 : 2 0  開会挨拶
 1 3 : 2 5  基調講演 小島昭 炭素繊維水利用工法研究会会長
                群馬工業高等専門学校特命教授
         「環境教育における炭素繊維のチカラ」
 1 4 : 0 0 〈講演1〉 大滝昭仁 帝人( 株) W P T 事業推進班
         「炭素繊維を用いた環境水浄化の取組み事例」
         〜 環境省環境技術実証事業より〜
 1 5 : 0 0   休憩
 1 5 : 1 0 〈講演2〉 丹 洋祐 ジャパン・ウォーター・ガード研究員
         「炭素繊維による閉鎖性水域の水質浄化技術の研究」
         〜 川崎市等々力釣り池、城之内公園水堀〜
 1 5 : 5 0  〈講演3〉 小暮幸雄  
         「炭素繊維水利用技術の設計及び設置の実際」
 1 6 : 3 0   質疑応答
 1 6 : 5 0   閉会
      ※ 講演内容は、変更の場合があります。
● 参加費  一般3 , 0 0 0 円( 資料代含む)
      ※ 会費は当日受付にてお支払いください。
● 申込み    Commentメールにてお申込みください。 
     返信にて申込用紙を送ります。



明後日には、HP上にてもお知らせ開始します。

JWG理事長をフォローしよう!
  Twitter @kogureyukio 







うぉータン | 水の学習室 | 18:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

GW集中講座「水」3日目

GWもいよいよ最後、についてしっかり勉強しましょう!
今回は、水道水からおいしい水まで一気に学習します。

の学習室 GW集中講座
水の学習室


第3日目 水の基礎編 

§3 水道水とおいしい水の関係

1.日本の水道

水道は、本来水の乏しい地域に遠隔地から水を引き、安定した供給をするための
もので、安全でおいしい水の自然環境に恵まれていた日本では、水道化が本格的
に進んだのは第二次大戦後のここ数十年のことです。
高度経済成長の頃、住宅地が都心部から近郊へと広がり始めると、それまでの
水源地の近くにも住宅や工場が増え、排水が水源に流れ込むようになり、そこで
より高度な浄水処理を施して対処るとともに、より遠くのきれいな水源を求める
ようになりました。
しかし農薬汚染、工場からの排水、産業廃棄物にまぎれ込んだ有害物質などに
より、その水源まで水質汚染は進み、より遠くに水源を求め、より高度な浄水処
理が必要となったのです。

◇浄水場
敷島浄水場1

2.水道水の味

水道水は、浄水場に水を溜め、砂などの不純物を沈殿させ、その後、濾過処理して
より細か不純物を取り除き、塩素を入れて雑菌などを死滅させるという処理を施し
ています。日本では、水道法で残留塩素の一定値が定められています。
(水道水1リットル中0.1ミリグラム以上の含有量)
その塩素によって有害な細菌を完全に死滅させるためですが、しかし、この塩素が
水道水の味を損ねる原因になっています。
一般に水道水は、特有のカルキ臭がしますが、これは塩素自体の臭いではなく、
塩素が細菌と反応することによってカルキ臭が発生してしまうのです。
細菌が多ければ多いほど多量の塩素を必要とし、カルキ臭も強くなります。
つまり水道のカルキ臭が強い地域は、それだけ水源の汚染がひどいと言えます。
さらに、塩素は大きな問題を引き起こすことが指摘されています。
水の中の有機物と塩素が化学反応を起こすと、トリハロメタンという物質をつくり
だします。
このトリハロメタンを人が大量に摂取すると、中枢機能低下、肝臓障害、腎臓障
害などを起こし、さらには催奇形性、発ガン性までもがあり、痴呆、イライラ、
疲労、無気力の原因にもなると言われています。
それでも水道水の中に、O157など人体に直接影響を及ぼす細菌がいるため、
現在できうる最も安価で効果的な殺菌方法は塩素処理なのです。塩素を減らす
ためには、まず水源をきれいにして細菌の量を減らすしかないのです。最近では、
オゾンや活性炭を使った高度浄水処理により、カルキ臭やかび臭を取り除いた、
おいしい水もつくられるようになりました。

◇水道タンク 
敷島浄水場4

3.おいしい水

おいしい水というと、ほとんどの人は山間地の湧き水・清水を思い、名水を容器に
詰めた「ミネラルウォーター」を思い浮かべるのではないでしょうか。
水道水もカルキ臭のするまずい水から、高度浄水処理によりおいしい水へと変わ
りつつありますが、ミネラルウォーターの売り上げは、水道水の約1000倍の価格
にも関わらず急増しています。
店頭に並ぶミネラルウォーターの銘柄をみると、日本の有名な産地や海外 産地の
もの深層海洋水などその種類も豊富で、現在国内で市販されているものは500
銘柄を越えています。その成分としてミネラル分が含まれていますが、 どのくらい
含まれているのか、そのミネラル分とは何かなど、知る人は少ないのではないでし
ょうか。 なぜミネラルウォーターを飲むのかといえば、水道水に比べ「おいしいか
ら」「安全だから」反対に「水道水がまずいから」、そして「不足しているミネラル
分が得られるから」と答える人がほとんどといえます。
それでは一体おいしい水の決め手は何なのでしょうか?

4.おいしい水の決めて

全く何も含まれない純水がおいしいと思われがちですが、これはおいしくなく、
水の味を決めているのは、それに含まれるミネラルなどの成分です。 雨水は、
地球上に降った後に、地質層や岩石層の狭い隙間に浸み込み、 いろいろな
ミネラル成分(カルシウム、マグネシウムなど)を溶かし込みます。
水に味があるというのは、飲み水が純粋なH2Oではなく、鉱物分などを溶かし
込んでいるからなのです。天然ミネラル水の中には、岩盤の鉱物、苔や藻など
の微生物など実に500種以上の物質がほどよく溶け込んでいます。
さらに水には軟水と硬水という分け方があり、水に含まれているミネラル成分
(カルシウム、ナトリウム、カリウムなど)によって分けられます。 1l中の
硬度100唹焚爾軟水、200唹幣紊硬水とされ、中間を中硬水 としてい
ます。日本の水の場合はほとんどが100唹焚爾瞭霓紊任后この硬度は水
の味を決める大きな要素の一つで、一般的に硬水は口に含むと引き締まった味
がして、冷蔵庫で冷やせば、味のクリスタル感は一層強調され、よりおいしく
感じると言われています。
一方、軟水は口の中で優しく広がります。香りや風味を大切にする日本茶や
紅茶などをいれるときは、軟らかい水が向いているようです。
日本人はもともとミネラル分の少ない軟水を飲んでいるため、外国産のミネラル
ウォーターは、硬度が高くあまりおいしく感じない、と言われていましたが、
フランス産の硬度が高い水でもおいしく感じるためか人気があります。
したがって、水の味を決めているのは硬度だけではなさそうです。
※水の硬度=カルシウム咫殖譟2.5+マグネシウム咫殖譟4.1=硬度咫殖

浄水場
敷島浄水場3

5.おいしい水の正体

厚生労働省(旧厚生省)が1985年に行った「おいしい水研究会」の調査結果に
よると次の項目があげられています。
・蒸発残留物(ミネラル):30〜200/l 、
・硬度:10〜100mg/l
・遊離炭酸:3〜30mg/l
・過マンガン酸カリウム消費量:3mg/l以下
・臭気度:3以下
・残留塩素:0.4mg/l以下
・水温:最高20度以下(10〜15度がよい)

これらの項目による味についての影響は、次のようです。

・蒸発残留物

ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄、マンガンなどのミネラル
分の量です。ほどよく含まれると水の味がまろやかに、多いと水に渋みや苦みを
感ずるようになります。
・硬度成分
カルシウムやマグネシウム分のことでミネラルの主要成分ですが、これが不足
すると水の味のまろやかさが失われます。
・遊離炭酸
水に溶けた炭酸ガスのことで、これが水に多く含まれると、炭酸飲料のように水に
清涼感を与えます。多すぎると刺激になります。
・過マンガン酸カリウム消費量
水中の有機物濃度の指標になる数値です。これが多いと水にカビ臭などの異臭
味や渋みを与えます。
・臭気強度
測定しようとする水を無臭の水で希釈し、無臭になったときの希釈倍数を言います。
「カビ臭」は特に問題になります。
・残留塩素
消毒に使用されたのち水に残っている塩素の量です。法律で水道水には蛇口から
出る水0.1mg/l残留することが定められています。 この量が多いと「カルキ臭」
となり水はまずく感じます。
・水温
水温は特に水のおいしさを左右する要因となります。
10〜15℃の水は、人に最も清涼感のあるおいしさを感じさせると言われています。

最近、水のおいしさを示す指標に新しい考え方が出てきています。
それは「O−インデックス」と言うものです。
これは、マグネシウム(Mg)や硫酸イオン(SO4)は少ないほど、逆にカルシウム
(Ca)やカリウム(K)は多いほど水がおいしいというものです。日本の水は、
8割以上が2.0以上に当てはまると言われています。
水のおいしさは、成分だけでなく、特に水温によってもおいしさが左右されます。
おいしくないと悪評の高い水道水でも、残留塩素によるカルキ臭を抜いて、冷蔵
庫で水温10〜15℃に冷やせば、ミネラルウォーターと味分けできない、それ以
上おいしい水になります。

◇浄水場
敷島浄水場2

一気に飲料水について学びました。3日間のGW集中講座はこれで終了です。
お疲れ様でした。
【出展】JWG水の学習室 http://www.npo-jwg.com/study.html

夏を感じさせる気温になっていますが、暑くなると欲しくなるのが 
やはりなんと言っても、喉の渇きを潤す  のうまさに勝る物はありません。
日本は、水道水を直接飲める、数少ない国の一つです。

このありがたさを忘れず、を大切にしましょう!!

さあ、明日から仕事、学校がはじまります。
おいしいをいっぱい飲んで、頑張りましょう!!

JWG理事長をフォローしよう!
  Twitter @kogureyukio 


うぉータン | 水の学習室 | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

GW集中講座「水」2日目

GWに水について学びましょう!

の学習室 GW集中講座
水の学習室


第2日目 水の基礎編 

§2 水と日本

1.日本は水が豊かな国なの?

日本の年間降水量は約1,700个如∪こΔ稜間平均降水量が約970个任△
のに対し、それを越える日本は水に恵まれた多雨地域といえます。
しかし、国土が狭く人口密度の高い日本は、人口一人あたりにしてみると、
決して水に恵まれているとは言えません。
       
降水量の世界比較(概算)

年間平均降水量(mm)

一人あたり降水量(/年・人)

日本

1,700

  5,100

アメリカ

  760

 25,600

カナダ

  520

167,100

中国

  660

  5,000

サウジアラビア

  100

  9,900

世界平均

  970

 21,800


そして、日本の国土は3分の2が山地で河川が急峻であることや雨の降る季節
が偏っていることにより、降水量は多くても実際に私たちが利用できる水の量
はそんなに多くありません。
そのことは、台風時には一時的な豪雨のために洪水になり、反対に降雨が少な
い時は水不足により給水制限になることに現れています。一人当たりのダム貯
水量にしてみるとアメリカの17分の1、韓国の16分の1に過ぎません。

ダム貯水量の世界比較

国 名

総貯水量(百万m3)

人口(万人)

一人あたり貯水量(m3)

日 本

  3,970

12,392

   32

アメリカ

135,242

25,269

  536

イギリス

  2,568

 5,737

   45

カナダ

 17,500

 2,703

  647

韓国

 21,619

 4,327

  500

台湾

  1,335

 1,970

   68

注1) 人口は1991年統計により、台湾(’90〜’91世界国勢図会)以外、「理科年表1994年」による。
注2) ダムデータは「国際大ダム会議の台帳」より調整。
注3) 総貯水量は、水道用水を目的に含むダムの全利水量で整理。


河川

2.日本の水利用

地球の表面から蒸発した水は、地球の大気圏にしばらく滞留した後に、
雨や雪となって再び地球に降り注ぎます。陸地では、水は集水され幾筋か
の細い流れになり、地表面を洗い流し、様々な物質を溶かしながら、徐々に
水量を増し、小川から大河になり、やがて海に注ぐようになります。
また大地に浸透した水は、伏流水となったり、地下水となります。
日本ではこうして与えられた水資源を、河川の周辺に水田をつくって稲を育て
たり、急峻な河川の流れを堰き止めるためにダムをつくるなどして、治水利水
に有効に役立て、近年では地下水をくみ上げ工業用水などに利用してきました。

3.日本の水とヨーロッパの水

水は雨や雪が岩石や地下の岩盤などに浸透して、伝わって流れていく間に岩
などに含まれている鉱物を溶かし込んでいます。そして、一定の間滞留して涌
き水となって噴き出してきます。
その地下に滞留している間に、地中の鉱物が溶けて含まれるミネラル(カルシ
ウムやマグシウム)の配分によって、軟水と硬水にわけられます。
日本の地下水は、地下にとどまっている期間が短く、地中のミネラル分の影響
が少ないため軟水が多く、ヨーロッパなどの大陸の水は、石灰岩が多い上に、
地下の滞留期間が長いために、ミネラルが多く溶けこみ硬水となります。
ヨーロッパでは硬度300以上という水もあるほどで、硬水になれていない日
本人は、下痢など体調をくずす原因になることがあります。
ヨーロッパでは、直接水を飲まないというのは、水の硬度が影響しているから
なのです。
また、石鹸がほとんど泡立たないということがよくあります。これは硬水の中
にはカルシウムやマグネシウムが多量に含まれているため、石鹸の脂肪酸
と結合し、水に溶けない形になって沈殿してしまうためです。
この水の違いは料理にも影響して、硬水はミネラル分が多いため料理にはあま
り向いていません。そのため西洋料理では、水でゆでたり煮たりするのではな
く、蒸したり、油でいためたり、牛乳やワインを加えて煮たりする調理方法がと
られます。
軟水の日本では古くから水を使って煮物・汁物・ゆで物といった日本料理が多
くあります。
酒類にしても、ヨーロッパ諸国ではワインが多くつくられていますが、ワイン
はブドウを発酵させてつくるので、ブドウに含まれる糖分と水分のみを使う
ため水の影響は受けないのです。
ヨーロッパの中でも日本と同じ島国であるイギリスは、水の質も日本に似て
軟水のため、ウィスキーづくりが盛んとなっています。
このように水の違いは食生活の違い、ひいては文化の違いにまで密接に関
わっています。

スパークリングワイン 

4.日本の名水百選
 
環境庁は、全国の水環境や水資源を改めて見直して、水環境の保全を訴えるため
に「名水百選」を選定し、昭和60年から実施しています。
その背景として、高度経済成長の真っ最中にあった日本は、農薬汚染、工場など
からの排水汚染による環境汚染、地下水の化学物質汚染など日本の経済成長に
合わせて、水環境は厳しくなるばかりでした。
そのような状況の中で名水百選は水環境を改めて問い直したものだったのです。
環境省HP http://www2.env.go.jp/water/mizu-site/newmeisui/

【出展】JWG水の学習室 http://www.npo-jwg.com/study.html

今日の学習は、水の基礎知識「水と日本」でした。
明日は、「水道水」について学びます。

JWG理事長をフォローしよう!
  
Twitter @kogureyukio 
うぉータン | 水の学習室 | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

GW集中講座「水」1日目

大型連休の間に水について学習しましょう!

の学習室 GW集中講座

第1日 水の基礎知識

§1.水と地球

1.水の惑星

地球  
地球は表面の約70%が水に覆われ、容積にして14億キロ立方メートルの水があります。
宇宙空間に浮かぶ地球は、まさに「水の惑星」といえるでしょう。
人類の生活は、水に依存していますが、この地球を宇宙から見る限り水不足には縁がない
ように思われます。
しかしながら地球表面にある水の97%までが海水なのです。海水は飲料水にも生活水に
も、そのままではまったく適していません。
つまり地球上の60億の人間が、地球上の3%の水に頼っているのです。この3%の水も、
その70%が南極や北極の氷や雪として、他にも水蒸気などそのほとんどは 現実に使用不
可能な状態で存在しています。
これらを差し引くと、私たちが生活に使用できる水は河川水、湖沼水、地下水を合わせ地球
上の水のわずか0.8%に過ぎません。
地球上のすべての生物とわかちあって水を共有するということになると、人類が使える水は
より少ないことになります。


[地球上の水の総量]1968年〜1973年の試算(単位:km3

試算者

カリーニン(1968)

ネース(1969)

椢根 勇(1973)

 海水

1,370,000,000

1,350,400,000

1,349,929,000(97.50)

 河川

1,200

1,700

1,200(0.0001)

 湖沼水(淡水・塩水)

750,000

230,000

219,000(0.016)

 土壌水

65,000

150,000

25,000(0.002)

 地下水

60,000,000

7,000,000

10,100,000(0.72)

 氷

29,000,000※

26,000,000※

24,230,000※(1.75)

 大気中の水

14,000

13,000

12,600(0.001)

 生物中の水

1,200(0.0001)

1,459,830,200

1,383,794,700

1,384,518,000(100%)

※は水の体積に換算した値、( )内の数字は水の総量(100%)に対する割合。
    地学団体研究会編 新版地学教育講座10地球の水口より

地球の水の量は、太古の時代からほとんど変わることがありません。
地球に降り注ぐ雨の量もほとんど毎年一定量で、雨が地球の何処にどのくらいの量が降るか
変化はあっても、地球に降り注ぐ雨の量全体ではほぼ一定を保っているのです。
地球の表面から蒸発した水は水蒸気となり、地球の大気圏にしばらく滞留した後に冷やされ、
雨や雪となって再び地球に降り注ぎます。降り注いだ雨水は、幾筋かの細い流れになって地
表面を洗い流し、あるいは地下に浸透して、様々な物質を溶かしながら、大きな流れとなり、
やがて海に注ぎこみ、そしてまた蒸発を繰り返します。
地表から蒸発した水蒸気は大気圏中に拡散してしまうこともなく、雨になって地表に降り注ぎ、
ふたたび、地球の水として還ってくるのです。今私達の周辺にある水は、太古の昔につくられた
水が何回となく循環を繰り返しているだけなのです。
ですから、今水を汚すということは、私達自身には勿論、未来の子供達へも大きな影響を及
ぼすことなのです。

人類の生活は水辺を拠点として営まれてきました。
古代文明が黄河、インダス河、チグリス・ユーフラテス河などの各流域で芽生えたように、人は
水とともに生きてきた生き物なのです。
人が必要とする飲料水は、1日2リットルといわれているので、年間で言うと1人1立方メートル
もあれば済むのです。
しかし、生活に必要となる水は、日本人は1日330リットル、年間で120立方メートル使うとい
われています。つまり生活用水として使っている水が飲み水の120倍もあります。
水は文化のバロメーターといいますが、いわゆる文化的な生活になればなるほど水を多く使
い、高層ビル、大病院、ホテル、企業などでは水使用も増加し、さらに多くの水を必要としてい
ます。
さらには、食べ物をつくる時にはその10倍必要とされています。米や小麦をつくるために必要
なだけではなく、牛を育てるには穀物が必要なので、牛の肉を1kg増やすためにはその13倍
の穀物が必要となり、20立方メートルの水が必要となります。それらを合計すると先進国では
1人あたり年間1000立方メートルを越える水を使っていることになります。

4.
砂漠化と渇水

地球は深刻な水危機の時代を迎えています。
砂漠化 
そのひとつが砂漠化現象、砂漠の多さで知られるアフリカはもちろん、アメリカ中部や中国でも
確実に砂漠化が進んでいます。
地球温暖化などが要因にあげられていますが、人為的な要因として指摘されているのが、地
下水を大量に使った農業・工業化の発展があります。
背景には、急激な人口増があり、食料を満たすため土地を過度に使ったことや森林の過剰な
伐採などがあげられます。
数百年、数千年の時間を経て蓄えられた地下水を、人類が貪るように使い尽くしてしまったた
めに、各地で渇水が起き、砂漠化が進んでいるのです。
アメリカとカナダの国境に横たわる五大湖、ロシアのアラル海、中国の黄河など、世界各地で
渇水などの異常現象が起きています。

5.国際河川の水争い

日本は島国のため実感がわきませんが、ヨーロッパやアジア、アフリカでは、
国際河川をめぐる紛争が絶えません。上流にある国がダムをつくれば、下流地域の水は減り、
河川の上流で水質汚染が起きれば、それが国境を越えて下流国に影響を及ぼします。
さらに発展途上国が急速に農業化や工業化を進めたために、水源地が枯渇したり、地下水の
水位が低下したりする問題も頻発しています。
話し合いによる和解ができればよいのですが、実際には水をめぐる戦争まで発展する危惧が
もたれているのです。
最近の話題では、メコン川の渇水問題があります。中国による取水が原因とも、中国西南部
の干ばつが原因とも言われています。


 「20世紀は石油をめぐる戦争だった。だが21世紀は水をめぐる戦争の時代になるだろう」
これは、世界銀行の副総裁だったイスマイル・セラゲルディン氏が1995年に発した言葉です。
地球温暖化と世界各地で起きる異常気象、そして発展途上国で進む急速な農業化・工業化、
これらによって、深刻な水不足が起き、人々は水を求めて争うようになると、予言しているのです。
国連の報告によれば、すでに世界人口の5分の1、約13億人が安全な水を確保できずに
苦しんでいます。
また、「2050年には30億人が水不足に苦しむようになるだろう」との予測もあります。


【出展】JWG水の学習室 http://www.npo-jwg.com/study.html

今日の学習は、水の基礎知識「水と地球」でした。
明日は、日本の水について学びます。

JWG理事長をフォローしよう!
  
Twitter @kogureyukio 

 

うぉータン | 水の学習室 | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/1PAGES | |
                                
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
     
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH